ブログネタ
モーターサイクルショーに行ってきました に参加中!

1396441707




海外ブースを終えて次はいよいよ国内ブース、
今回はホンダ。


やっぱり嫌でも目に入ってくるのは大阪モーターサイクルショーでも話題になったNM4!
IMG_2007





これ、写真で見た段階では正直、
「ダッセー」
と思っていました。すみません。


でも実車は「NM4、結構イケてるじゃん!」で、やっぱりバイクは実車見ないとわかりませんね~
IMG_2006




1396441407
結構このアングルから見るとカッコいいっしょ?
ちなみに前方のカウルは小物入れになっているらしい・・(右前方は開いています)



IMG_1850
演出も良かったように思います




IMG_1844






IMG_1848
NM4-02と比べると






IMG_1845
パニアなしのNM4-01はだいぶスタイリッシュになります
どっちがよいかと言われると悩ましいところですね




乗り心地はというと、こちらはクルーザーに似た乗り心地といいますか、思ったほど新鮮味はありませんでした。

ただしクルーザーがやや姿勢的に後ろにもたれかかるタイプが多いのに対して、NM4は背筋が伸びた状態、要はほとんど椅子にストンと座ったような感じ、そしてハンドルもほとんど自宅でパソコンを打つような感覚、腕を伸ばすというよりは何も考えずに机に手を置くような感じです。

なので新鮮味はないといいつつも、やはり新しい感覚の乗りものには変わりありませんでした。
背もたれは調整がどうやらできるみたいなので、後ろに寝そべるスタイルもやろうと思えばできるかも?
街中で見かけるようになればきっと楽しいバイクでしょうね!



NM4にかなり似た乗り心地だったのは、コレ
CTX1300
IMG_1835
カッコいいぞ~~コレ




IMG_1836
リアも非常によい





IMG_1931
タンク上部にあるボタン配置のデザインは非常にgood。
だが展示車両とはいえ傷が目立つ、、、ちょっと気になるな




私、基本的にハーレーを代表するクルーザータイプのバイクを見ると拒否反応が出ますが、
CTX1300は跨ってみたところ、「これで阿蘇を走ったらこれはこれで気持ちいいだろうなぁ」と思わせる雰囲気のあるバイクでした。


姿勢は驚くほどリラックスした無理のない姿勢、それでいて明らかにこれはクルーザーと思わせる余裕のあるポジション、さすがホンダ


各部の質感も高く、跨った瞬間、まさに自分が「成功者」になった気分になります
素晴らしい


CTX1300いいわ~~特にエキパイのとり回しみてるだけでご飯イケるわ~~
(写真撮ってないけど)


いつかF6Bを本気で買おうと思っている(そんな日来るのか?)のでコイツとかなり悩むことになりそう、やっぱりこういう所有感あるバイクはいい!!!
いつかほしい!!!!
IMG_1933






IMG_1833
VFR 1200X Dual Clutch Transmission




IMG_1834
1200GSといいタイガーといい、この手のクロスツアラーはやはり跨って「無理」を感じる
それはこのVFR 1200Xも同じ
でもタンクのフィット感は3台中1番よかった




IMG_1832
この迷彩カラーは正直どうなんかな?





そうそう、ポジションが一番しっくりきて、やっぱりよかったのはこのモデル
CBR650F
IMG_1924





IMG_1927
ハンドルのトップブリッジが肉抜き加工されており質感が非常に高い!!
嬉しい誤算だ\(^o^)/
姿勢もSSとは思えないほどフレンドリーでラクラク
(ニンジャ1000より楽チンです)





IMG_1925
リアの顔もgood♪




やはり600ccというのは体にジャストフィットするので非常に魅力的なクラスですね


いわゆる「無理」をしなくていい、足がちゃんと着くし、「自分でしっかり支えられてる」安心感
こういうのって長く付き合うという意味では非常に重要なトコロ(・∀・)


CBR650Fは十分に所有感があるバイクです。
それは実車を見て確信しました。
これで倒立サス採用してくれたら本当に最高だったのになぁ~~




IMG_1921



逆にやっぱり見てがっかりしたのはVFR800F

まるっきりドカのパニガーレのパクリ ホントに恥ずかしいからやめてほしい!!

評価できるモデルもある一方、新型フィットといい最近のホンダのデザインはパクリが目立つのも事実、反省しろ!!



知らぬ間にCB400も地味に変わっていました
IMG_1830




ニンジャ1000といいこのCB400といい、テールランプのクリアレンズ化は好みじゃない・・


なんかそこら辺にいるゾッキーカスタムみたいで安っぽく見えるんですよね


このCB400ならなおさら安っぽさが際立つというか、、ないわぁ~~


しかもどうせテールランプクリアレンズ化するんだったらウインカーもクリアレンズ化すべきだと本気で思います。
ウインカーの黄色が明らかに浮いていて更に安っぽく見える、詰めが甘い!



話は変わって新型CBR250R、これもいい出来でしたね~
IMG_1826
スパイダーマンみたいな顔だ!
けっこう愛嬌ある(*´ω`*)




IMG_1827




上から見るとカウルが突きだしているのがわかります。


デザイン的にいいのか悪いのか?ちょっと評価が難しいところです


ただ個人的には保安的によく通ったなというのと、虫が夏場に入りこんだり、洗車時にめんどくさいだろうなという(やや邪推な?)感想を持ちました。


どうしても下忍250と比べられてしまう宿命ではありますが、新型CBR250Rは値段次第ではバカ売れするモデルだと思います。




LEDヘッドライト、LEDテールライトなどもはやマチガイナイ1台、新型PCX
なんだこの高級感、、125のスクーターだぞぉ~~~
IMG_1823





IMG_1825
おれのDioちゃんとは大違い・・




IMG_1824
スタイリッシュでかっこいいリアビュー
でもかなりDio110と似ているぞ!(嬉)



原付きのDUNKは非常にカッコよかったです
125で出してくれたらよかったのに、ホント
IMG_1840





IMG_1822
特に好みだったこのオシリ
めちゃくちゃタイプ♡



今や顔メインでリアは細く細くデザインするのが主流になっていますが、このDUNKは昔ながらのクルマ的というか、シカクシカクしているのが非常にツボでした。
とにかくフツーにカッコイイ、メインターゲットは通勤の高校生らしいですが、高校生が乗ってたら本当に画になるでしょうね(>ω<)




IMG_1928
終始大人気だったくまモン×モンキーのコラボモデル 通称「くまモンキー」
これも原チャじゃなかったら本気で考えたけどなぁ



くまモンキーは子供連れに大人気、本来大人がターゲットであるバイクという乗りものが、くまモンによって子供まで魅了する、キャラクターの影響力とコラボレーションの大切さを考えさせられた1台でした。




いくつかのモデルにケチをつけたものの、やはりホンダは常に新モデル投入でチャレンジし続けるというスタンスが明確に伝わるコーナー作り、車両ラインナップでここはさすがホンダといったところ。

ぜひこの姿勢を貫き通してほしい!

パクリはホンダには似合わない、ヒュンダイとは違うところを見せてほしいです!



番外編
IMG_1883




こちら現行のCB1100にパーツをポン付けするだけで昔ながらのCB1100Fに早変わり!!っていう面白い企画。
個人的にけっこうツボですね~~


ただ現段階ではすごい予約待ち?というのと基本的にはボルトオンのパーツのみ販売をしていないという点、トータルで160万近くの出費はどうなんかな~という感じ。


ただ旧車好きなら注目して損はない企画、詳細は以下からどうぞ。

CB1100 Project F ~WITH ME RACING~
http://www.withme-racing.com/bikepartslist/parts/CB1100-ProjectF/cb1100%20projectF.htm




 





個人的にはCB1100Rコンセプトモデルを市販してほしい!!
やはりあれで終わってしまったのだろうか・・
cb1100r-9bafd