Eitaro × Ninja

Ninja1000でリターンライダー。Ninja150RR、マジェC、NC3ロードスターにも乗ってます。 ※前ブログ http://blog.livedoor.jp/eitarotovtr/

BT016

Ninja1000のリアタイヤも交換(BT016→S20【73W】)

ブログネタ
カスタム に参加中!
20130518132855






フロントが5,000キロで逝ったニンジャ1000のバトラックスBT016。
前回のFタイヤ交換では後継タイヤであるS20をチョイスしましたが、今回のリアタイヤも同じS20をチョイスしました。



ライフが長く、評判もいい新製品のT30にしようかなという悩みもありましたが、、やっぱりたまにしか乗れないから、走りは妥協したくないので・・
贅沢しちゃいました~~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



ちなみに、気になるBT016ライフ(もう廃番ではありますが)は、私の場合、9,600キロ!
10,000キロにあと一歩及ばずでした(><)
う~ん、峠を攻めると確実にサイドの溝が減っていくのは見ていて清々しくなるレベルでしたが、いかんせん高速ツーが多かったせいかややもったいない終わり方となりました。
DSC04108
サイドはまだまだ溝、残っています・・





DSC04111
ちょっともったいなかったなぁ・・




s-DSC04113



ま、大型バイクでタイヤ代でブツクサいってはいけませんよネ(^^;)



今回、リアタイヤも同じパターン選択でS20を選びましたが、ニンジャ1000のリアタイヤサイズはおなじみ極太190。



S20にはサイズ190のラインナップが73W・75Wの2種類がありますが、73W(MCR05084)を履かせることにしました。
ちなみにニンジャ1000の純正リアタイヤは73Wを履いています。
75Wはもっと攻めれる仕様らしいけど、、マフラー削りそうなんでやめましたw



工賃込み28,000円でショップと手を打ちました!
DSC04115






DSC04119
やっぱ 新品タイヤは最高やね





s-DSC04118
ニンジャ1000が完璧すぎてつらい





さっそくタイヤ慣らしにさらっと美山を流してきました
20130518232001






ちょうど殺伐手前あたりで100キロの慣らしを終えたので、佐々里からは全開!
もう回して回して倒しまくりました。
もう、、、S20魔法のタイヤすぎる!
こんなどこまでも安心して倒せるタイヤはそうそうないと思います
ブリジストン最高 S20最高





帰ってきたらサイドまで綺麗に使ってしまっていました。
初日でこれはマズイ 非常にマズイ
いやはや何キロもつんだか・・先が思いやられます
でもS20は極上プレミアムタイヤ これ、マジ!
DSC04121






DSC04123

【8/2】Ninja1000のFタイヤ交換(BT016→S20)

ブログネタ
カワサキ に参加中!
DSC01219





Ninja1000、ノーマル状態ではブリジストンのバトラックスBT016を履いております。えげつないグリップで峠では気色の悪い走りを可能にしていますがいかんせんライフが短すぎる!



なんとフロントは5,300キロでご臨終となってしまった。
1万キロ持たないなんて…うぅぅ、信じられないorz
わけがわからないよ
DSC01207
5,300キロ走ったBT016はサイドが完全に死亡。
中央も完全にスリップが露出しております





DSC01208






中央のスリップからまぁ2mm程度溝はありますが、完全に危険信号。
ちなみに中央よりもサイドの減りが激しいのは、おそらくコンパウンドが違うからだと思われます。



頑張ればまだ走れないこともないですが、危ないしなによりライディングが楽しめない。
ジャパンタイヤセンターからセールのDMも来てたので、これを機にFタイヤを交換することに。
BT016のフロントのライフは5,300キロ、大事なことなので2回言いました(血涙)
DSC01209
ちなみにリアはまだ山あり。





DSC01210
おそらく1万で交換、かな





さて、Fタイヤを何にするかでありますが、以前ちらっと言いましたが今までと同じくブリジストンで行くことに。
ミシュランのパイロットロード3も少し考えましたが、フランスは好きじゃねぇ!パターンもオエー!ということで却下。
おそらくフロントをバトラックスにすると走行距離が1万キロになったときに、フロントとリアが同時に逝っていい塩梅になるのではという予想です。





いつもタイヤ交換をお願いしているジャパンタイヤセンターに電話して「BT016置いてますー?」と聞いてみると
「BT016は廃番になってますね」というので後継のS20を装着することに。
値段聞いて、まぁセール期間ということもあり割とお安かったので、んじゃそれでお願い、ということでサクッとそれで決定です。
電話を切って、バビューンとタイヤまでニンジャをぶっ飛ばして、交換!
DSC01212
さようならBT016!今までありがとう!





DSC01213
タイヤがないバイクは何度見てもすごい違和感である






DSC01211
次のタイヤ、ブリジストンのバトラックスS20(120/70)
こいつをつけるのである!(ワクワク





DSC01214
装着!





DSC01216
(`・ω・´)シャキーン







DSC01215
工賃込み(もちろんバランスも取ってもらえます)で2万ちょいでした





「くれぐれも安全運転でお願いしますね」と店員さんに念を押される私。
いやー、本当にツルッといくらしいですからね。注意しないと。

これだけはマジで勘弁!





で、超ビビリモードで発進して、少し進んだところで記念撮影。
やはり新品タイヤは、いい!
DSC01217
S20のパターンはエッジが利いていいね!





DSC01218
毛が初々しい(*´ω`*)





DSC01220
ドヤッ






ということで、とりあえず皮をむきむきしに、適当に100キロ走ることに。
片道50キロ走って道の駅に着いたのですが、うーんもうホームコース行っちゃいますか!ということで美山まで。
DSC01222




距離が100キロを超えてからはある程度倒しこみを意識して乗りましたが、これは半端ないタイヤです。魔法のタイヤ。
なんつーか、もう、曲がれない気がしないというか、本当に「すごい」としか言いようがないです。
BT016のときもえげつないグリップでしたが、そこから更に接地感がアップしている。
以前は気持ち「イケるかな」で進入させていたスピードが、S20に替えた途端、「気軽」な世界になってしまいました。



BT016はほとんどツルツル状態でしたので、この安心感は溝が復活したことによるところからという部分も大きいかもしれませんが、このS20のグリップと安心感は賞賛に値すべきレベルにあると思います。
ウェット性能の向上というのもS20の一つのポイントらしく、この日は体感できませんでしたが、少し楽しみです。
雨には遭遇したくないものですが…
DSC01223
これがmotoGPなのか







帰ってきたら、完全なムシキラーと化していました。
この後念入りに洗車したのはいうまでもありません
DSC01231






200キロ走ってのタイヤはこんな感じ。
DSC01233
右側はこんな感じ





DSC01234
右コーナーは苦手なので、まぁこんなもんでしょう






DSC01235
左側





DSC01240





まぁ、けっこうええ感じで皮むきできたと思ってるんですが、どうでしょう(*´ω`*)
それにしても、バイクを降りてタイヤを触ってみると見事にホカホカしている。今までいろんなバイクに乗ってきましたが、こんなえげつないタイヤは本当に初めてです。
S20、これでライフが長かったらいうことないんだけどな。。
と思いながら洗車するわたくしなのでした。S20おすすめ!
ゆっくりしていってね!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
livedoorプロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ