Eitaro × Ninja

Ninja1000でリターンライダー。Ninja150RR、マジェC、NC3ロードスターにも乗ってます。 ※前ブログ http://blog.livedoor.jp/eitarotovtr/

草千里

【タイヤインプレ】Ninja1000のタイヤをミシュラン POWER RSに替えたら走りが劇的に変わった話。

IMG_20170816_012943_processed


Ninja1000に履かせていたブリジストンのバトラックスS20も、いよいよフロント・リアともに限界も迎えましたので、タイヤ交換。
メーカーはミシュランにしました。


今回選んだのは、ミシュラン新作のPOWER RS(パワーRS)!!
2017-08-28


これまでのミシュランのラインナップにはバトラックスS20に近いコンセプトのタイヤがなかったんですよね。
パイロットロードはツーリング向きで、雨に強くて、ライフは長い
魅力がないわけではないのですが、

・たまにしか乗れなくて、
・走ってもせいぜい1日300キロくらいで、
・雨の日はまず乗らない
・(ライフを多少犠牲にしてでも)ワインディングには妥協のないグリップが欲しい

そんな私には、はっきりいって向かなかったわけなんです。
(あえていえば、パターンも好みではなかった)

バトラックスS20は大変よくできたタイヤで、
ニンジャ1000にも代々バトラックスをチョイスしてきた分愛着もあり、
現行は進化版であるS20 EVO、S21に切り替わっているので、
そちらに興味がなかったといえば嘘になりますが、
せっかくS20に近いコンセプトでミシュランが新作を出してきたとなれば、
試さないわけにはいかないでしょう。
2017-08-28 (1)
パワーRSはサイズレンジの広さも魅力


カワサキ ニンジャ1000には、上画像の赤枠サイズが合致します。
具体的には

・フロント 120/70ZR17 M/C (58W) TL
・リア    190/50ZR17 M/C (73W) TL

が標準組合せとなります。
DSC_0189



DSC_0188



慣らしに100キロ、本格的に走ったのが約500キロ
ウェット状況・路面が冷えた状況下での走りこみはできていませんが、
その中での簡単なインプレです。
DSC_0191
新品タイヤはやっぱりいい♡
パワーRSのパターン、かっこいいでしょ(๑˘ω╹๑)



結論からいいますとパワーRS、


最高にいいタイヤです!!!!



必然的に、バトラックスS20との比較になってしまいますが、
明らかにミシュランパワーRSが勝っている点があります


・わだち通過力


これは、目からうろこが落ちるレベルです。
「な、なんじゃこりゃあああ」という感じ
衝撃を受けました

バトラックスでは正直、かなりわだちにハンドルを取られました。
わだちを通過すると、必ずうにーんとなるわけです。
当然、車体は振られます。

熊本は大地震の影響で、一部の道路は相当にうねっています
バトラックスはその点、意識してのライディングが必要でしたし、
すり抜けで路肩を走る際は細かい操作が必要でした。
低速域では「モッチリ、鈍重」って感じです。

その苦労を、なんなら「そんなわだちなかったよ?」位に

トン

とクリアしてしまうパワーRSのスペックには舌を巻きました。
当然ながら路面のギャップ・荒れにも非常に強く、
ストリートでは大変に心強い特性と言えるでしょう。

その性能の高さもあって、路肩を極低速で走行するのも、バトラックスの10倍楽です。
1-10キロの範囲内で右に左にとハンドリングしても、足を着きたくなる不安が出てこない…
ほんの少しの修正で、憎たらしいくらいボディがスッと「立つ」んですよね。
これほどまでにハンドルのフルロックが楽なタイヤには出会ったことがありません。
繰り返しになりますが、衝撃のスペックです。
心情的には国内メーカーを応援したいし、おフランスは嫌いなのですが、なんなんだろう、この実力の差・・・
少し悲しくなりました。


DSC_0222



もちろん、ワインディングで少し気合を入れて走ったときの手応えも素晴らしいです。

グリップ力としては、バトラックスS20とほぼ同等の性能レベルと感じました。

ただし全体的な乗り味として

「しっとりとしている」

ことがいえると思います。

新作でまだゴムが柔らかい要素もあるかとは思いますが、とにかくしっとりしています
ヒタヒタしているといいますか
倒しこんでいくと、次第にヌウッとゴムを路面に押し付けている感が強くなっていきます。

あえていえば、
バトラックスはかなり倒しこんでいった際に、そこから最後さらにグイッとコンパウンドを路面に押し付けると、
いよいよ脳みそがアドレナリンでふぁ~~~と溶けるような官能的で危険な領域があったのですが、
パワーRSの場合はあくまで、どの領域のグリップも通常のグリップの延長線にあるイメージですね。
押しつければ、押しつけた分だけギューッと曲がる感じです。
つまらないといえばつまらないですが、安定感の方が、この年齢になるとありがたい。
バトラックスの官能的な部分も、一種の麻薬的な魅力ではあるのですが、
その「危なっかしさ」をどう捉えるかは、ライダーの好みといえるでしょう。
DSC_0229



以上が、ミシュランの新作パワーRSの素人インプレになります。

レースシーンでの使用はもちろんしていませんし、あくまでストリートでのインプレですが、スペックに間違いはないということは断言できます。

そして、ストリート7割、ヤマ3割という私のスタイルには、今回のパワーRSはドンピシャでハマりました。

とっさの雨、そして真冬の走りはじめ、ライフの持ちなど、
走り続けていくにつれその辺りの話もできるかと思いますので、後日の楽しみとしておくことにします。
(個人的には、雨でグリップがどうなるかが気になる…バトラックスはウェットが非常に苦手だったので)

以上、ミシュラン POWER RSのタイヤインプレッションでした(๑╹ω╹๑)
DSC_0239



DSC_0240



DSC_0241



DSC_0242
ビバンダム君の上半身なら、消せそうです



余談、数年ぶりに草千里を訪れました。
現在北からのアクセスに限定されているので大変不便ですが、やはり感動する景色がそこにはありました。
早く私のホームコース、南登山道を復旧してほしい!!
いやー、最高だったなぁ(๑-ω-๑)
DSC_0224



DSC_0220



【お盆】ラピュタの道を走破したよ

ブログネタ
ツーリングに行こう!! に参加中!
DSC052291





今年は祖父が急逝してしまい、ほぼメインは四十九日のために帰省したお盆となりました。


そういうわけで気持ち的にもバイク乗りまくるぞ!って感じでもなかったし、とにかく雨続きだったのでニンジャにもほとんど乗れませんでしたが、1日だけ晴れたので阿蘇を走ってきました。



DSC05210




大観峰で何気なく1枚パシャリ。
構図も大して考えずに撮ったのですが、かなりいい写真で気に入っております!



この後はいつものラピュタの道へ。

とうとう復旧が完了したというのと、ここ数年メディアにいろいろと取り上げられたこともあってすごい人の量でした。

もはや隠れスポットではなくなってしまった感があって少し複雑な感じです(^^;)
DSC047751




今年の1月に撮った写真ですが、今ではガードレールもブラック塗装の新しいものに新調され、ビューポイント周辺の道路も綺麗に再整備されたため、この頃のような「ひっそりした古代的な雰囲気」はだいぶスポイルされてしまいました。


今思えば、一番いい時期にラピュタの道を知ることができてよかったです(*´▽`*)


せっかくなので下る際に車載動画撮ってみました。





ラピュタの道を通ってみての感想は、
「正直、走って楽しい道じゃない」。(笑)

復旧されたとはいえ、やはり最低限の内容ですので道路は荒いことは荒いし、すでにまた穴が空いてるところも数か所。

ブラインドコーナーも多く、こういう道にしては交通量が多い。

また、写真を撮ったりするためクルマ・バイクが随所に停まっているので注意が必要ですね。

あえて走るならば、上りの方が景観的にはオススメです!






途中で動画切れちゃってますが、それはこんな景色が広がっていたため!
DSC052471




写真だとなかなかスケールが伝えづらいですが、
DSC052411
めちゃくちゃ壮大です!




DSC052221





やっぱ阿蘇はすげえ。

俺はここで生まれて、この土地に育ててもらったんだと。

パワーもらいました。



その後もちょこちょこラピュタ上りルートでは写真ポイントがあったり。
ただここでリアボックスがなぜか開かなくなるというトラブルww
なんでこんな単純なものが壊れるのか訳がわからないよ!
イタリア物はとことんボロイな~(TДT)


ってことで、一眼が取り出せずに以降は仕方なく携帯カメラで。
IMG_02451





IMG_02461
エフェクトかけたらすごいダンジョン感でた(笑)




と、上りはそれなりに見ごたえのあるラピュタの道でした。

個人的にはもうそんな走らなくてもいい道ですが。1度は走ってみるといいかもって感じです。



ノッてきたのでそのあと草千里まで足を延ばした結果
20140814003340





20140814003523




欲張りすぎて、家に帰り着いたときには雨でずぶ濡れになりました( ̄▽ ̄;)

親父には「腹八分目にしとけって言ったのに(ドヤ顔)」と野次られてしまいましたが(笑)

ま、1日バイクに乗れたのでよかったです。
DSC052481
やっぱ最高にカッコいいわ




とまぁ、2014年のお盆はそんな感じでした!



おまけ

やっと、くまモンに会うことができました!
IMG_0201




帰省した日に、熊本空港の出口を出たら、まさかのご本人降臨wwwwww

いやー絵もかわいかばってん、実物はもっとかわいかです。
そしてけっこうコレがデカかっですよね。

いや~ん!くまモン最高~~~~!

テンション上がりすぎて何回も握手したりハグしてしまいました。

ふるさと納税をPRするために来ていたようですが、おれもふるさと納税、してみようかな・・
IMG_0200

阿蘇の大地に感動!ラピュタの道は本当に絶景でした

ブログネタ
日帰りツーリング(^o^)/ に参加中!
DSC01448



今回、何かと悩まされた雨でしたが、1日のみ午前中が晴れ!ということで、早朝からニンジャで阿蘇の方へバビューンと(*´ω`*)




翌日は京都に戻らなければならなかったので、1日で俵山・草千里・大観峰・ミルクロード・菊池渓谷と全てを回るというフルコースで走りまわってまいりました。
そして今回初めて、巷で有名な裏スポット、通称ラピュタの道も見てまいりましたよ~!




まずは、草千里。
南登山道経由で登って行きましたが、ワインディングは相変わらず最高でしたね!
DSC01379
圧倒的スケール!





DSC01380
守り続けたい、この景色





DSC01385




10代のときには早く地元を出たくて仕方ありませんでした。とにかくこんな田舎早く抜けだしたくて、大学を機に熊本から逃げるようにして京都に出てきた私ですが、歳をとるほどにこの大地が恋しくなります。
なんでこの自然の素晴らしさに気づかなかったんだろう、、、この大自然を目の前にして、そう思わずにはいられません。




お次は大観峰。草千里からは約30分ほど離れた場所にあります。
この途中にあるワインディングがまた格別。
現在は美山を拠点に周山を回るのがいつものツーリングですが、それとは比べ物にならない爽快感、スケール感。
こんなすばらしい道に恵まれているのに、なぜ地元にはバイク乗りがほとんどいないのか、残念でなりません。
BlogPaint






DSC01396
やっぱり阿蘇は世界一





大観峰から見渡す圧倒的な景観に息を飲んだ後は、いよいよネットで有名になった阿蘇の裏スポット、ラピュタの道を目指します。
ラピュタの道は案外すぐに見つけられました。
ミルクロードの途中にありますので、お地蔵さまに注意して走っていれば大丈夫だと思いますよ。
BlogPaint






DSC01482
手前のお地蔵様が目印





DSC01483






DSC01485





んがっ!実は「全面通行止」の看板と、その先にはポールが・・・
どうしようかなと思ったのですが、車がポールの先に見えたのと、やはり一度その絶景とやらを見たかったので、恐る恐る進入。
決して推奨される行為ではありませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。



しかし、少し進んだその先は、噂にたがわぬ、絶景そのものでした。
DSC01446






DSC01417




おもわず、「うぉぉ…」という言葉が洩れてしまうほどに、壮大。そして、訴えかけてくる自然の力強さに圧倒されます。
写真で見るのと実際でみるインパクトでは雲泥の差ですので、行ける人はぜひ足を運んで、実際に自分の目で見てほしいと思います。
長らく阿蘇の風景に親しんできましたが、これは阿蘇の中でもトップ3の中に入るすばらしい景観だと思います。
地元の僕が言うのだから、これは間違いないです!



思わずバイクを停めてしまおうかと思いましたが、その景観に吸い込まれるようにラピュタの道を下っていってしまったのですが、全面通行止の意味が嫌でもわかりました。
だって
DSC01407
こんなのとか





BlogPaint




こんなんばっかなんですもん。
ボコッと道路が陥没して1~2メートル級の大きさの穴があいている箇所もかなりあります。
「穴空いたらシャレにならんぞ…」と思いながら、正直走っていて興が冷めました。
ライダーとして嫌~な五感が働きまして、バイクを停めて下に続く道を見てみましたが、
DSC01401
ぜひとも下ってみたいところですが





DSC01402
これはアカン




一部で土砂崩れがもろに起きているらしき箇所が遠くからでも目視できたので、ここでUターンして引き返しました。
ちなみに、下からは1台、ジムニーが登ってきましたので、4輪ならなんとか完走できるかもしれません。
ただし、バリバリのクロカン仕様でしたし、どちらにせよオススメはできませんね。

こないだ熊本はいわゆる「経験したことのないような大雨」に襲われ、そのときにこの道もだいぶ痛んでしまったのかな、と思います。youtubeでラピュタの道を走破する動画を見ましたが、2年前はまったく綺麗なもんです。
できたらこのラピュタの道、修復してこの景色を維持してほしいところですが、なにかと県の財政も厳しいそうですし、どうなるかわからないのが少し悲しいところではあります。
DSC01410
阿蘇五岳を完璧に望むことができます





DSC01413







DSC01414






DSC01420






DSC01439






DSC01441
時間によっては雲海が発生するらしいです。
そうなるとまさしく「天空の城ラピュタ」っぽくなるのでしょうね





DSC01463





DSC01450
この日一番のベストショット





DSC01476






なんかもう、ただただ息を飲む素晴らしさと、まるでここだけ異世界にトリップしたような不思議な感じでした。
この景色を前にして、自分のルーツはやはりここなんだと、自分はこの大地に育てられたんだと再確認しました。
本当に感謝、ですね。熊本、ありがとう。阿蘇、ありがとう




ラピュタの道は現在全面通行止になっておりますが、通行止ラインからそこまで進まずとも、数百メートル進んだところで、すぐにメインの光景が広がります。そこまでは道路もほとんど荒れていませんので、私のように行ってみるのはアリだと思います。
ただし、繰り返しになりますがくれぐれも自己責任でよろしくお願いします。



本当に母なる大地に感謝。最高の1日でした。
DSC01466
阿蘇、ありがとう!!
ゆっくりしていってね!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ