Eitaro × Ninja

Ninja1000でリターンライダー。Ninja150RR、マジェC、NC3ロードスターにも乗ってます。 ※前ブログ http://blog.livedoor.jp/eitarotovtr/

ちゃんぽん尚、ちょっと高いかも、なんて思ったり

ブログネタ
食べ物あれこれ に参加中!
ひさしぶりに尚によって、夕食。
これまで単体しか頼んだことが無かったので、今回はちゃんぽんの並と皿うどんの大盛注文してみました。
IMG_5926
ちゃんぽん並を注文するのは初めて。






IMG_5927
皿うどん大盛\(^o^)/






料理のボリューム的には個人的にこれくらい食べるといい感じにお腹いっぱいです(笑)。
おいしかったけど、お会計のとき「1,500円です」って言われてちょっと高いかも・・・と思いました。
リンガーハット、ちゃんぽんは麺2倍にしても550円で済みますからねぇ・・・
ここだと大盛りにすると850円ですよ。この300円はデカイ。
なんか馬鹿馬鹿しくなってきたような気もせんではないです、正直。




これまで値段のことは大して考えてなかったけど、味との兼ね合いも考えるともう行かないかも。。
む~ん(´・ω・`)

「尚」で初皿うどん

ブログネタ
行きつけの飲食店、どのくらいある? に参加中!
野菜不足を少しでも解消するべく久しぶりに尚に寄って夕食。
これまでちゃんぽん単品しか食べたことしかなかったので、今回は皿うどん(大)を注文。

IMG_5828





で、でかっ!\(^o^)/



やはり尚のメニューで大を頼むとけっこうなボリュームで料理が出てきます。これはうれしいかも。



どうしてもちゃんぽん・皿うどんのレビューはリンガーハットと比べてしまう形になってしまうのですが、やはりリンガーハットの方が味としてまとまっていますし、かつ素材それぞれの味がきちんとします。尚の方はおいしいんだけど餡にまみれて全体的に味がぼやっとしてしまっている感じ。
揚げ麺がリンガーハットと尚の一番の違いで、尚は麺がかなりこげ茶色です。実際食べてみてもやや焦げた感じがしますし、そのせいで食べていて甘みが少ないのかな、という気も。
おいしいんけど、少し家庭的というか、厳しくいえば大雑把な味(もうちょっと頑張って)という感じ。




ちゃんぽんも皿うどんもおいしいんだけど、横にリンガーハットがあればそちらに入っちゃうかな~。
ただ、貧乏学生にとってこのボリュームはやはり魅力的なのでした。

京都花園にある長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店「尚」に行ってきました

ブログネタ
食べ物あれこれ に参加中!
「もしかしたら耳より情報かも!」ということで知り合いのじぇむさんにご紹介いただき、さっそく突撃してきました。
やはり私はラーメンよりもちゃんぽんなのです。
ちゃんぽん「尚」の場所は右京区花園、丸太町通りを路地にちょっと折れた所にありますが、曲がる場所さえ間違えなければ迷うことはないと思います。
IMG_5578






IMG_5577





訪れる際に非常に嬉しいポイントは、駐車場がある(2台分)こと!!
松屋で豚めしを食っていたらミドリムシに駐禁を取られ1万円のファストフードになった苦い経験をもつ私にとってこれは非常にありがたい点。
京都は駐車場がないお店だらけですからね~(´・ω・`)
IMG_5580
これはデカい!!





店内はこんな感じ。カウンターのみでテーブル席はありません。
IMG_5573






IMG_5574






せっかくなので、長崎ちゃんぽんの大を注文。
IMG_5575






予想以上にでかい器でちゃんぽんがきました(汗)
しかしとにかく具だくさん。こんだけ野菜が入って850円ならお買い得だと思います。




肝心のお味は、けっこうGoodです。
スープの色のみかけはあまりよくありませんが、非常に本格的な味です。九州人の僕がいうんで間違いありません。
ただ、あえてひとつケチをつけるとすれば、麺に下味があまりついていません。スープと一緒に食べないとまるでただのゴムを食っているような感覚になります。特にちゃんぽんがメジャーでない関西人が初めて食べるとかなり違和感を感じるかもしれません。
なので、100点はつけません。ただし、京都では非常にまともなちゃんぽん屋といえると思います。
ときどきは寄りたくなる店になりました。ちゃんぽん尚の今後に期待です。さらに進化させてほしい。
情報提供していただいたじぇむさん、ありがとうございました!
IMG_5576
営業時間に少し注意






大きな地図で見る
ゆっくりしていってね!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ