Eitaro × Ninja

Ninja1000でリターンライダー。Ninja150RR、マジェC、NC3ロードスターにも乗ってます。 ※前ブログ http://blog.livedoor.jp/eitarotovtr/

堀越峠

【車載動画】京都の周山街道、佐々里峠、酷道477号線に想いを馳せる

ブログネタ
自動車・バイク関連なんでも板 に参加中!
DSC01223




先日車載カメラ用の吸盤買ったのをきっかけにいろいろ妄想膨らみ中(*‘∀‘)


とまぁ過去にyoutubeに上げて公開してなかったのがいろいろ見つかったので公開します


とにかく音楽なしのひたすら淡々と走る動画なのであくまで暇な人だけ見てつかあさい


まずは、殺伐広場から佐々里峠経由で京都市内に戻るコース





個人的には、佐々里峠は途中のミニバン廃車と
IMG_4875




秋の紅葉が記憶に残ってますね
IMG_4873
佐々里周辺の紅葉は本当にお見事!
ここでしか見れない「黄色」が見れます




続いて周山街道、ジムニーでこれまた淡々と走ります

マフラーフジツボに替えてたんだけど、結構いい音してるでしょ(笑)



ジムニーいいクルマでした。。
アルトターボRSが結構気になる今日この頃
IMG_3235





最後はタモリ倶楽部にも取り上げられた、酷道477号線





また京都戻りたいっす
ショージキ東京は長く住む所じゃない・・・帰りたい(笑)

セローで廃村大見・堀越峠ツーリング(後編)

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!






大見を更に北上し、尾越に寄り道してみることに。
IMG_4164
すっかり苔むした橋。渡ろうとした途端崩れそうです




以下は尾越周辺で見つけた不法投棄車両。
IMG_4165






IMG_4167
どんな状態になってもハンドルだけはついてるんですよねw






IMG_4166






IMG_4178






IMG_4177






IMG_4168






IMG_4169






IMG_4170






IMG_4171






IMG_4172






IMG_4173







IMG_4174
ブリジストンってこんなロゴの時もあったんだ…




IMG_4176






IMG_4175






今日はここで引き返すことに。
元来た道を戻り、477を北上して、38号線の佐々里峠を走って美山を目指すことに。
「公衆電話」の家が名物らしいんだけど、見つけられなかったのが少し心残りでした。
IMG_4190






がっ!この時既に13時ちょい手前。
ぶっちゃけ今回も当初の予定よりかなり時間オーバーしているぢゃなイカ。
余裕を持って「彼女」とのデートをセットしておいたはずなのに、道端でDSを開く羽目にwww
IMG_4193
ああ、遅れる・・・





IMG_4191
気付いてよかった





IMG_4192
愛花かわいいよ愛花





キリがいいところでスリープにした後、走行再開。
13:40にやっと美山にたどり着きました~(^^;)
IMG_4196






IMG_4197
バイクだらけでした





で、10分位休憩して堀越峠目指して出発。
堀越峠の入り口に到着。(I地点)
IMG_4198
堀越峠旧道への入り口。
何の目印もないため京都側は少しわかりにくいので注意






IMG_4199
レッツゴー!






IMG_4200
すぐにダートになります





堀越峠は非常に走りやすいのでおすすめです。
京都側はほとんどフラットダート。
IMG_4201






IMG_4202
右はNTTの鉄塔への分岐になりますが、ゲートは閉じられているので進むことはできません





NTTへの分岐を過ぎるとやや路面が荒れてきます。
どこが境目かはわかりませんが、ここら辺りから福井県。
福井側はややガレが京都側と比べると多いですが、どうということはないです。
IMG_4206
オフ車であれば余裕で走れる道です





IMG_4204
とはいっても、ガードレールはなく谷もかなり深いので、走行には注意が必要です






IMG_4205
落ちたらタダでは済まないことだけは肝に銘じないといけません





ところが堀越峠をいい感じで走っていたら、左ウインカーがプラプラしてきてしまい。。
IMG_4203
完全に興ざめ(あ~あ)





当初はおにゅう峠も通って帰るつもりだったのだが、完全にテンションが下がってしまいました。とりあえず気を取り直して、小浜目指して走行再開。




堀越峠はわずらわしい分岐はないので、安心して道なりに進めばOKです。
福井側の出口はこんな感じ。(J地点)
ロード組もこの光景は馴染み深いはず。
しかし最初から最後までバイクと1台もすれ違わず、、もう誰も林道走ったりしないんでしょうね。
本当に楽しいんだけど、ぼっちライダーはここら辺が怖いです。ホンマにトラぶったらシャレにならんなぁ~
IMG_4207






IMG_4208
堀越峠の福井側の入り口は横に名田庄の大きな看板が立っているのでわかりやすいです





出口を左折し、小浜を目指すもやはり恐れていた事態が発生。
IMG_4209
('A`)






ウインカーのネジが外れて完全にブラ~ンブラ~ン状態に。
こまめに手で増し締めしながら、途中に交番があれば寄ろうと思いながらの走行でしたがやはり無理があり。。
しかも!片方のネジはポケットに入れ、走りだそうとし時計を眺めた時、時計の針は14:55を差していて。。
お目当ての海鮮丼のかねまつのオーダーストップは…15時。詰んだ。
どこかコンビニ寄ろうかとも思いましたが、もう鯖街道通って帰ることに。
ちなみにK地点でパトカーがネズミしていたので大変ビビりました。
別に捕まるスピードで走っていた訳じゃないんだけれども、こんなところに潜んでいるのは初めて見たので、皆さんご注意を。





途中道の駅くつき新本陣(L地点)で休憩。
IMG_4212






IMG_4211
なんとヤンキーがおりました。
ローソンの駐車場にタムロってたけど、ローソン迷惑だったろうなぁ





で、京都市内に戻るも、ウインカーがアレなのでYSPへ。
さすがに240キロを超えた所でセローもノッキングし始めたので、スタンドで給油。
IMG_4214






IMG_4215
この時点での走行距離





燃費計算:248÷7.7≒32km/l!!
こんだけハードな走り方して、ほんまにセロー恐るべしやで・・・





で、YSPに着いたころにはもう真っ暗。
IMG_4217







IMG_4216





修理に加えて前から頼んでいたキック・ブラッシュガードなどの取付のため、セローは置いて代車で自宅に20時過ぎに帰宅。代車もセローでした(笑)。
なんだかんだで、何も食わずのただただ10時間走りっぱなしツーリングでした。
時間配分の大切さを思い知った(^^;)

貴船神社にお散歩の後、林道開拓。旧道花背峠を攻める!(後編)

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
IMG_3990




貴船神社に寄った後はさらにお散歩気分で貴船を北に走ります。
あいかわらずの酷道っぷりを発揮していました。
初心者の方はまちがっても大型ロードなんかで来ないでくだしあ(´・ω・`)




以降は下のマップを参考にしながら読み進めるといいかもです。
京都の林道・旧道に興味のある方には役に立つかも。

大きな地図で見る






道なりに進んでいくと集落が見えてきます。
いつも同じ道を通るのもつまらないので右折しました。(D地点)
IMG_4027
標識の後





BlogPaint
分岐が現れます





IMG_4029





少し進むと分岐が現れます。(E地点)
もともとお散歩で出てきていたので、長ズボン・ジャケットは着用した状態でしたが膝カップなし、ブーツではなくスニーカーだったためダートは走る気にならず、最初は分岐を直進。
BlogPaint





しかし、この道もすぐにダートに。
IMG_3993




ところどころ小川になっていたり、ぬかるみポイントがありますが基本的にフラットダートで非常に走りやすく、めちゃくちゃ楽しい。
もうここまできたらダート走って帰るか!ってことでテンションあがりまっくす!





ところが2・3キロ進んだ所で。。
IMG_3994
通行止




IMG_3995
ゲートは固く閉ざされています




IMG_3996
うう~通してくれよぉ・・・




手前にあった分岐を含めて3か所とも通行止。
しかたなくE地点まで戻り
BlogPaint





もうテンションがあがってしまっているのでのこのこ戻る気はさらさらなく、当初の分岐を右折。ダート突入。




しばらく進むとまた分岐が現れます。
BlogPaint





BlogPaint





右折しても楽しそうな気はしましたが、ここは直進。
(いまGoogle mapで見てみると、この道は途中で切れています…)





しばらく道なりに走ります。
傾斜・カーブなどそれなりに攻めがいのあるダートが続きます。楽しい。
IMG_4000





ほどなく進むと、ここでまた真っ二つの分岐。(G地点)
BlogPaint





うぇぇ~ここどこぉ?なんて周りを見回すと
IMG_4001





IMG_4002





ここでこれが花背峠の旧道なのか、なるほど~ということに気づき。
BlogPaint





すっかり嬉しくなり、分岐を右折し、峠下へ向かう事に。
ネーミング的にもこちらの方が安全ぽかったし、こちらの方が1.4キロで長かったので。
しかし・・・
BlogPaint
こちらも通行止。




でも、左に道が開けているじゃないか・・・
名前も峠「下」なわけだし、こちらの道の方が正しいのかも・・・と思い、これまたかなりの「悪路」を我慢して降りながら先を目指しますが・・・
IMG_4006





IMG_4007




途中で道ではなくなってしまいました。
がんばれば進めなくもなさそうでしたが、地面が非常にぬかるんでいたため、ハマったらシャレにならんということでこちらもあえなく断念。引き返しG地点に。
(しかし地図を見てみると、道自体は繋がっているみたい・・・。百井別れの手前、38号線に合流するみたいですね・・・う~ん!)




G地点を通過(こどうわかれ:古道岐方面)し、道なりに進むと477に合流。(H地点)
IMG_4009





IMG_4010
京都バス停「旧道別れ」に出てきます、ほっ。
こんなところをバスが走るから京都はほんまにおそろしいわ





もう暗かったので右折。百井峠方面にバイクを走らせます。
実はここらへん、大見尾根という林道好きには有名なダートがあるようで、(I地点手前の分岐。僕も見かけてはいたが、怖くて行ったことがなかった。ここだったのか・・・)大見集落という廃村に繋がっているらしいです。走破するのもそれなりに大変らしく、ひとりでは不安なので、こちらはいつか同行者有りの状態で走ってみたいと思っているのですが・・・。
(参考:大見尾根20051129)





こんな道をがんがん飛ばして(ロードでは正直走りたくない)
IMG_4013
これが京都の国道や(ドヤァ!





で、これがWikipediaにも載っている関西にも5本の指の中に入る酷道の難所、百井別れでやんす。
BlogPaint





見よ、この180度ターンを。これが国道というから笑ってしまう。
鞍馬に向かう府道38号線のほうがよっぽど立派という他ない。どういうことなの。
(大型バイクは決してこの道を走ることをおすすめしません:特に大原側からは泣きを見ます)
(参考:国道477号(百井別れの概要) - Wikipedia






この百井峠が酷道と言われる所以。
それはこの急勾配に加え、とにかく道が狭い、そして道路状態が㌧でもなく悪いからなのです!
IMG_4017
百井峠一番の恐怖ポイント。
急勾配、急カーブ、おまけにアスファルトではなくコンクリート。
路面がウェット、かつ大原側から下ってきたときの恐怖感はここを走った者でないとわからない。
車で来るとあっというまにジェットコースター状態になります





IMG_4018




まさに国道ならぬ酷道。
しかしこの日の477は綺麗だった・・・
IMG_4022






IMG_4024
恐怖の離合の瞬間





とまぁ、そんな感じで当初はお散歩の予定だったのにガッツリ林道探索にいそしんでしまいました。
考えている次のツーリングコース。
知人と一緒にこのルートで走ってみようかなと思っています。
【貴船~旧花背峠~美山~堀越峠~おにゅう峠ルート】
※堀越トンネルの手前に、堀越峠という旧道があるようです。Google mapには載っていませんが、ルート上のK地点~L地点を結んでいるらしい。(参考:堀越峠

大きな地図で見る
(至おにゅう峠まで【福井側から】)






おにゅう峠もGoogle mapではルートが「存在しない」ため、有志の方が作成したこのマップを参考にするとよいと思います。

より大きな地図で おにゅう峠 を表示



http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=214691499892019788703.00000112a46843a847138&msa=0






おにゅう峠終了(783合流)後のルート
(朽木で休憩して帰る)

大きな地図で見る





Bの地点で右折し110号線に入ると至花背峠となります。
お金に糸目をつけなければ110号を道なりに進み、38号線に合流し、その後477に合流。百井別れ(D地点)をそのままパスし鞍馬方面に進み、帰りは鞍馬温泉(E地点)にゆったり浸かって帰路に着くコースもよいかもしれません。

大きな地図で見る





いやぁ、どんどん危ない世界にはまっていってしまっている気が・・・。
でも、林道めちゃくちゃ楽しいんです。これは病みつきになる。
廃村とか怖いもの見たさな性格も災いして?どんどんダートにはまっていってしまいそうな予感です。
ロードにはないこの楽しさ。ヤバいです。
ゆっくりしていってね!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
livedoorプロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ