Eitaro × Ninja

Ninja1000でリターンライダー。Ninja150RR、マジェC、Dio110にも乗ってます。 ※前ブログ http://blog.livedoor.jp/eitarotovtr/

ラピュタの道

【お盆】ラピュタの道を走破したよ

ブログネタ
ツーリングに行こう!! に参加中!
DSC052291





今年は祖父が急逝してしまい、ほぼメインは四十九日のために帰省したお盆となりました。


そういうわけで気持ち的にもバイク乗りまくるぞ!って感じでもなかったし、とにかく雨続きだったのでニンジャにもほとんど乗れませんでしたが、1日だけ晴れたので阿蘇を走ってきました。



DSC05210




大観峰で何気なく1枚パシャリ。
構図も大して考えずに撮ったのですが、かなりいい写真で気に入っております!



この後はいつものラピュタの道へ。

とうとう復旧が完了したというのと、ここ数年メディアにいろいろと取り上げられたこともあってすごい人の量でした。

もはや隠れスポットではなくなってしまった感があって少し複雑な感じです(^^;)
DSC047751




今年の1月に撮った写真ですが、今ではガードレールもブラック塗装の新しいものに新調され、ビューポイント周辺の道路も綺麗に再整備されたため、この頃のような「ひっそりした古代的な雰囲気」はだいぶスポイルされてしまいました。


今思えば、一番いい時期にラピュタの道を知ることができてよかったです(*´▽`*)


せっかくなので下る際に車載動画撮ってみました。





ラピュタの道を通ってみての感想は、
「正直、走って楽しい道じゃない」。(笑)

復旧されたとはいえ、やはり最低限の内容ですので道路は荒いことは荒いし、すでにまた穴が空いてるところも数か所。

ブラインドコーナーも多く、こういう道にしては交通量が多い。

また、写真を撮ったりするためクルマ・バイクが随所に停まっているので注意が必要ですね。

あえて走るならば、上りの方が景観的にはオススメです!






途中で動画切れちゃってますが、それはこんな景色が広がっていたため!
DSC052471




写真だとなかなかスケールが伝えづらいですが、
DSC052411
めちゃくちゃ壮大です!




DSC052221





やっぱ阿蘇はすげえ。

俺はここで生まれて、この土地に育ててもらったんだと。

パワーもらいました。



その後もちょこちょこラピュタ上りルートでは写真ポイントがあったり。
ただここでリアボックスがなぜか開かなくなるというトラブルww
なんでこんな単純なものが壊れるのか訳がわからないよ!
イタリア物はとことんボロイな~(TДT)


ってことで、一眼が取り出せずに以降は仕方なく携帯カメラで。
IMG_02451





IMG_02461
エフェクトかけたらすごいダンジョン感でた(笑)




と、上りはそれなりに見ごたえのあるラピュタの道でした。

個人的にはもうそんな走らなくてもいい道ですが。1度は走ってみるといいかもって感じです。



ノッてきたのでそのあと草千里まで足を延ばした結果
20140814003340





20140814003523




欲張りすぎて、家に帰り着いたときには雨でずぶ濡れになりました( ̄▽ ̄;)

親父には「腹八分目にしとけって言ったのに(ドヤ顔)」と野次られてしまいましたが(笑)

ま、1日バイクに乗れたのでよかったです。
DSC052481
やっぱ最高にカッコいいわ




とまぁ、2014年のお盆はそんな感じでした!



おまけ

やっと、くまモンに会うことができました!
IMG_0201




帰省した日に、熊本空港の出口を出たら、まさかのご本人降臨wwwwww

いやー絵もかわいかばってん、実物はもっとかわいかです。
そしてけっこうコレがデカかっですよね。

いや~ん!くまモン最高~~~~!

テンション上がりすぎて何回も握手したりハグしてしまいました。

ふるさと納税をPRするために来ていたようですが、おれもふるさと納税、してみようかな・・
IMG_0200

久しぶりのラピュタの道

ブログネタ
カワサキ に参加中!
DSC047661




2日も走る
バンバン走る


この日は意を決してラピュタの道へ


というのもラピュタの道は県道339号線、通称ミルクロードの道中にあるのだが、このミルクロード、実はめちゃくちゃ凍るのだ
これまで冬場にこの道でこけているライダーを何人も見てきた
非常に気持ちいい道だが阿蘇の道の中でも冬は特に注意を要する道のひとつである


だから前回の元旦初走りはできる限りミルクロードを通らず菊池水源側からアプローチして大観峰へ行った
ただ大観峰で話したスズキ乗りのライダーさんはミルクロードから来たらしく、いけると判断したわけ


ラピュタの道入口
ゲートが設置され、昔より更に厳しい感じ
s-DSC04779




しかたないのでバイクで降りるのをあきらめてカメラをトップケースから出していたら、正直何台もクルマがゲートの奥から登ってきては、なんとゲートを上げて通ってくるではないか!


う~~~~んと悩んで、やっぱり100mほど下ったところにある写真撮影スポットまで降りてしまいました
本当はいけないことなんだけど、、
DSC_0263




でもやっぱり絶景
この景色にどーしても出会いたかった
DSC_02661
無我夢中で写真を撮る





DSC04760






DSC04767





DSC04762






DSC047751




ラピュタの道を訪れるのはこれで3回目だがもうすっかりファンになってしまった
そういう、なんか不思議な魅力があるところである



実は写真撮影中もかなりの頻度で下から車が上がってきていた
見下ろしてみるとなるほど夏に訪れたときに道路にボコッと空いていた穴はふさがれているみたい
だから実質もう通れる状態なのかも


ただ、まだ一応通行禁止なんだしこれ以上道を降りるのは気が進まなかったのでそのまま上に引き返しました
ま、写真スポットまで降りちゃった僕が言うのもなんだけど、どんどん登ってくる車を見ると正直どうなのかなぁという感じ・・
通行が解禁になったら、ぜひ走ってみたいと思っています



とまぁ2日はそんな感じ
夏にまた見に来たい!
そのときはもう通行解禁になってるかな??

年末年始の帰省記録③~阿蘇大観峰・ラピュタの道~

ブログネタ
日記 に参加中!
DSC02894




はい、回想記録もやっと年を越しまして、こちらは1月7日の日記。



この日は阿蘇にドライブしてきました~♪
まずは、大観峰
さすがに、バイクは1台しか停まってませんでした(でも1台いた(^^;)



ちなみに、阿蘇は雪はそんなに降らないのですが、道路そのものが凍ってしまうパターンが多いため、もし阿蘇方面に遊びに行く際は冬の阿蘇はご注意くださいねー
DSC02849






せっかくだったので、上まで登ってみました(*´ω`*)
DSC02818






DSC02821
やっぱ阿蘇最高です・・・





BlogPaint






DSC02830






DSC02834






DSC02846





まだ阿蘇にいらしたことがない方、ぜひ一度見に来てください。
損はさせないと思います!



お次はやっぱり、ラピュタの道
今回で2回目の来訪ですが、すっかりファンになってしまいました。
DSC02851





前回より状況が変わっていました。
昔より通行禁止が厳しくなってます。
DSC02853




強風で倒れてしまっていましたが、「工事中」の看板が気になるところです。
修復が少しずつ始まっているのでしょうか?
本当に息を飲む絶景なので、ぜひラピュタの道、直してほしいところです。
まあいずれにせよ、少なくとも時間はまだまだかかりそうです。
今回は徒歩で歩いていくことにしました。
DSC02856






100mほど下ると、あの光景が出迎えてくれました。
DSC02892



相変わらず、すごいです。感動。。
懐が深いというか、吸い込まれてしまうというか・・・
ある意味、あまりメジャーになってほしくない、いつまでも知る人だけ知っていてほしい地であり続けてほしい気もします。
DSC02867






DSC02877






前回ニンジャで初訪問(9月)したときは、こんな力強い緑一色だったのに、やはり自然はすごいですね~
DSC01470




DSC02882
感動




いずれラピュタの道で雲海を写真に収めたいですね~。
最高でした。
DSC02896






DSC02906





帰りは阿蘇にあるパン屋さんめるころによって
DSC02907






私の大好きなめるころチーズを買って帰りましたとさ。
DSC02913





おしまい。

阿蘇の大地に感動!ラピュタの道は本当に絶景でした

ブログネタ
日帰りツーリング(^o^)/ に参加中!
DSC01448



今回、何かと悩まされた雨でしたが、1日のみ午前中が晴れ!ということで、早朝からニンジャで阿蘇の方へバビューンと(*´ω`*)




翌日は京都に戻らなければならなかったので、1日で俵山・草千里・大観峰・ミルクロード・菊池渓谷と全てを回るというフルコースで走りまわってまいりました。
そして今回初めて、巷で有名な裏スポット、通称ラピュタの道も見てまいりましたよ~!




まずは、草千里。
南登山道経由で登って行きましたが、ワインディングは相変わらず最高でしたね!
DSC01379
圧倒的スケール!





DSC01380
守り続けたい、この景色





DSC01385




10代のときには早く地元を出たくて仕方ありませんでした。とにかくこんな田舎早く抜けだしたくて、大学を機に熊本から逃げるようにして京都に出てきた私ですが、歳をとるほどにこの大地が恋しくなります。
なんでこの自然の素晴らしさに気づかなかったんだろう、、、この大自然を目の前にして、そう思わずにはいられません。




お次は大観峰。草千里からは約30分ほど離れた場所にあります。
この途中にあるワインディングがまた格別。
現在は美山を拠点に周山を回るのがいつものツーリングですが、それとは比べ物にならない爽快感、スケール感。
こんなすばらしい道に恵まれているのに、なぜ地元にはバイク乗りがほとんどいないのか、残念でなりません。
BlogPaint






DSC01396
やっぱり阿蘇は世界一





大観峰から見渡す圧倒的な景観に息を飲んだ後は、いよいよネットで有名になった阿蘇の裏スポット、ラピュタの道を目指します。
ラピュタの道は案外すぐに見つけられました。
ミルクロードの途中にありますので、お地蔵さまに注意して走っていれば大丈夫だと思いますよ。
BlogPaint






DSC01482
手前のお地蔵様が目印





DSC01483






DSC01485





んがっ!実は「全面通行止」の看板と、その先にはポールが・・・
どうしようかなと思ったのですが、車がポールの先に見えたのと、やはり一度その絶景とやらを見たかったので、恐る恐る進入。
決して推奨される行為ではありませんので、くれぐれも自己責任でお願いします。



しかし、少し進んだその先は、噂にたがわぬ、絶景そのものでした。
DSC01446






DSC01417




おもわず、「うぉぉ…」という言葉が洩れてしまうほどに、壮大。そして、訴えかけてくる自然の力強さに圧倒されます。
写真で見るのと実際でみるインパクトでは雲泥の差ですので、行ける人はぜひ足を運んで、実際に自分の目で見てほしいと思います。
長らく阿蘇の風景に親しんできましたが、これは阿蘇の中でもトップ3の中に入るすばらしい景観だと思います。
地元の僕が言うのだから、これは間違いないです!



思わずバイクを停めてしまおうかと思いましたが、その景観に吸い込まれるようにラピュタの道を下っていってしまったのですが、全面通行止の意味が嫌でもわかりました。
だって
DSC01407
こんなのとか





BlogPaint




こんなんばっかなんですもん。
ボコッと道路が陥没して1~2メートル級の大きさの穴があいている箇所もかなりあります。
「穴空いたらシャレにならんぞ…」と思いながら、正直走っていて興が冷めました。
ライダーとして嫌~な五感が働きまして、バイクを停めて下に続く道を見てみましたが、
DSC01401
ぜひとも下ってみたいところですが





DSC01402
これはアカン




一部で土砂崩れがもろに起きているらしき箇所が遠くからでも目視できたので、ここでUターンして引き返しました。
ちなみに、下からは1台、ジムニーが登ってきましたので、4輪ならなんとか完走できるかもしれません。
ただし、バリバリのクロカン仕様でしたし、どちらにせよオススメはできませんね。

こないだ熊本はいわゆる「経験したことのないような大雨」に襲われ、そのときにこの道もだいぶ痛んでしまったのかな、と思います。youtubeでラピュタの道を走破する動画を見ましたが、2年前はまったく綺麗なもんです。
できたらこのラピュタの道、修復してこの景色を維持してほしいところですが、なにかと県の財政も厳しいそうですし、どうなるかわからないのが少し悲しいところではあります。
DSC01410
阿蘇五岳を完璧に望むことができます





DSC01413







DSC01414






DSC01420






DSC01439






DSC01441
時間によっては雲海が発生するらしいです。
そうなるとまさしく「天空の城ラピュタ」っぽくなるのでしょうね





DSC01463





DSC01450
この日一番のベストショット





DSC01476






なんかもう、ただただ息を飲む素晴らしさと、まるでここだけ異世界にトリップしたような不思議な感じでした。
この景色を前にして、自分のルーツはやはりここなんだと、自分はこの大地に育てられたんだと再確認しました。
本当に感謝、ですね。熊本、ありがとう。阿蘇、ありがとう




ラピュタの道は現在全面通行止になっておりますが、通行止ラインからそこまで進まずとも、数百メートル進んだところで、すぐにメインの光景が広がります。そこまでは道路もほとんど荒れていませんので、私のように行ってみるのはアリだと思います。
ただし、繰り返しになりますがくれぐれも自己責任でよろしくお願いします。



本当に母なる大地に感謝。最高の1日でした。
DSC01466
阿蘇、ありがとう!!
ゆっくりしていってね!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
livedoorプロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ