DSC08627


先日に引き続き、グランフロント大阪でのカワサキのニューモデル展示会の続きです。

今回はZ900RS!
こちらも注目なマシンですよね~(*・ω・)ノ

DSC08621
Z900RS CAFEはカフェレーサー仕様、カウル付です
Z900RSは、いわゆるスタンダードなネイキッド仕様


DSC08748
Z900RS CAFEは国内では販売しない…?
国内販売すると思うんですけど、あくまで海外販売の案内でした


DSC08623



DSC08625


Z900RSはリアがね、なーんか・・


すごいビューエルっぽい(懐)


ショートテールの流れがここにもきたか・・・

なんだか、Zはロングテールを貫いてほしかった気もする(苦笑)

DSC08705
LEDウインカー形状が正直ホンダ現行のそれと酷似している気が・・・



DSC08691



DSC08693



DSC08695



DSC08734




DSC08699


あくまでトラディショナルな面を残しつつ、細部を見るとやはり現代、イマ風です。
現行の「ジャパニーズネイキッド」モデルに感じていた不満(古臭いところ)が、ほぼ私の希望通りの足回りに。

・ツインサスが、モノサスへ(ホリゾンタルバックリンク式なところが、いかにもカワサキらしい)
・フロントサスも、正立式から倒立式へ
・フレームも、ダブルクレードルからトラスフレームへ

個人的には、非常に評価しています。
ただ、不満がないわけじゃない。
DSC08702



DSC08701


エキパイからマフラーに続く流れの途中に、キャタライザー(弁当箱)があるのがなんとも・・・
昔と今じゃ、排ガス規制が全然違うから、仕方ないのでしょう。
ただ、違和感がないといったら、嘘になるかなあ。


DSC08697


エンジン。


ここは、空冷で出してほしかった。正直。


空冷エンジンの歴史=Zブランドなんですから。

Z、Zって、時代は空冷じゃないんだよ、水冷なんだよっていう、確固たる信念があるんなら、
単なる飾りのフィンなんか付けてほしくないし、堂々と水冷エンジンのデザインで載せるべきです。
ここはね、どうしても残念に感じてしまうところです。
DSC08710


カワサキもそれなりにこだわってまとめあげてきたであろうだけに、
「所詮ガワだけかい?」
と最後の最後に思ってしまう自分に、面倒くささ、オヤジくささを感じるのも事実ではあるのですが(*´ -`)

その辺、カワサキも新しい若いライダーに向けてこのZ900RSを出したのかもしれませんね。
単純に、ネイキッドというカテゴリーに興味がある人。
そのバイクの辿ってきたストーリーとかより、目の前のシンプルなカッコよさ。
ネイキッドがオヤジの乗り物って、いつのまにかそうなってしまった節があるけど、
ネイキッドが売れてた頃って、そのスタイルが当時の最新のトレンドだったわけで、決してオヤジの乗り物じゃなく、若者の憧れだったわけで。
たぶん、空冷がー水冷がーってウンチクの前に、まず絶対的なカッコよさがあったと思います。
そこを考えれば、あーだこーだ言って結局買わないような僕らは、カワサキとしても「古臭い」部類、ということなのかもしれません。


DSC08740


せっかくなので、Z900RSに、跨ってみました。
気持ち、少しハンドルが遠かったかな?
でもその辺は、パーツでなんとでもなりますし、足つきはバッチリでした。
あと、すんげークラッチが軽かった。
大型って、クラッチ重いのに耐えるのが通過儀礼みたいなもんだった・・・はず(笑)
時代は変わるんですね~


DSC08676



DSC08678
シンプルな砲弾メーター
縁がメッキなのがまたいいですね
真ん中にNとかオドが表示されるのかな?
DSC08746


会場で唯一、Z900RSのみ詳細なスペックが載っていました。
重量も軽くて、、いいんじゃないですか?
それまでのビッグネイキッドは、車両重量250キロ超えが当たり前でしたからね(苦笑)


でもね、最後にひとーつ!!
どーしてもひとつだけ言わせてください!!!
DSC08745



ビッグネイキッドは!!!!!


ホーンは絶対に2つです!!!!!!


あかーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!


DSC08717

以上、Z900RSを見ての、個人的な所感でした。
俺ももう、若いバイク乗りから見たら、オッサンなんだろうな~(´・ω・`)