Eitaro × Ninja

Ninja1000でリターンライダー。Ninja150RR、マジェC、NC3ロードスターにも乗ってます。 ※前ブログ http://blog.livedoor.jp/eitarotovtr/

2011年08月

ニンジャ1000、1000キロ達成

ブログネタ
カワサキ に参加中!
あまりに前回が惜しい数字で終わってしまったので、2日連続で走ります。
三千院あたりで無事800キロ到達。慣らし半分終了です。
IMG_3737
6,000まで解禁





BlogPaint
なんとなくパシャリ(*´∇`*)




とりあえず、4,000の先はすごかったです。
正直5,000でおなかいっぱい、、、かな。
最初6,000まで回すつもりでスロットル開けたんだけど、



いかん、危ない危ない危ない・・・・♂



ビビリミッター作動してしまって思わず戻してしまいました。
それだけ凄まじいパワーとトルクです。
「ガオオオオオオオーーーー!」とエンジン音も勇ましくなり、速度もぐんぐん上がっていきます。





ニンジャ1000、個人的にはライオンとか、トラのイメージです。
アイドリング時にはなんか「ガラガラゴロゴロ」した音がするし、低回転時には「グオオ・・・・」という感じで、回転上げていくにつれ「ガオオオオオーーー!」
高速域では「お前どこまで開けれんだよ?」と試されているような気になります。超攻撃的。ニンジャ1000がモンスターマシンであることをこの日、思い知りました。
まぁただ、感覚ってのは恐ろしいもので2時間くらい走ってると回せるようになるものですが(笑)
IMG_3738
道の駅にて。テネレとディバージョンだ!
個人的にテネレすごく乗ってみたい





小浜から美山まで向かう間けっこうスポーツしちゃったんですが、まぁ、当然6,000まで回す機会はほとんどなく。
ただ、一応トップ6,000で140km/hくらい出るみたいです。
ぐしぐしタイヤも端使って走りましたが、楽しいね!
100以上でコーナー攻めるなら、やっぱりアルミフレームが心強い。ガッチリとしたフレーム剛性の方が「ここ!」と狙った所にピンポイントに車体をもっていける。時計で例えるとデジタル時計ですね。とにかく、正確。
その点鉄フレームは高速でバンクさせると「・・・ググッ」っとねじれるので、その誤差をラインで微修正しつつコーナーを攻める感じですかね。時計でいうとアナログ。
アルミのマッチョな剛性には劣りますが、これはこれで楽しくていい。かつ、長距離をこなすのであればこの多少アバウトな鉄フレームの方が疲れません。鉄フレームは優しいんです。
長距離を走るなら鉄フレームがいい。ただ小~中距離で峠道を「ガッツリ」楽しむなら、アルミの方に軍配が上がりますね、やっぱ。
IMG_3739
美山でソフトクリームぺろぺろ。
美味しいけど300円は高すぎます!




で、なんだかんだで帰ってきた後も距離を稼いで、1,000キロ手前で帰宅。
これでちょうどバイク屋に行くと1,000キロになるはず。いえーい。
オイル交換とフィルタも交換です。
IMG_3741

夢の3台が終結!

ブログネタ
日帰りツーリング(^o^)/ に参加中!
ニンジャの慣らしを進めなければ。
さっさと4,000回転の縛りから抜け出したい。
で、美山の殺伐広場。
IMG_3724





おおお・・・!
なんと手前2台、昔ぼくが憧れていたバイクなのです。
VTR1000にCBR600RRの限定仕様、それにニンジャ。
なんたる偶然。この巡り合わせに感謝。




味をしめたのか、殺伐広場にあたらしく売店ができてました。
IMG_3726





IMG_3727
豆乳もなかアイス、180円。




帰りにバイク屋に寄って1カ月点検を済ませた後、友達と王将で飯食って帰りました。
最近思うんだけど、王将はでかい店より個人でちまちまやってる店の方が美味しい気がする。
ラー油の色はたいていオレンジ色じゃなくなってるけど。
IMG_3732





IMG_3733





IMG_3735
がんばって238キロはしったけど




IMG_3734
6,000まで解禁になる800キロにあと1歩及ばず。ぐむむ~

セローで200キロは疲れる。

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
前回行った林道、走破してみようと思い行ってみました。
367から477に折れた後、この風景が目印です
IMG_3698





IMG_3697




いい調子で進んでいたのですが、予想外の、、、
IMG_3699





自然のバリケード。バイクを降りて先まで偵察しましたが先もだいぶ木が倒れており、走破は不可能と判断。
出鼻をくじかれてしまいました。。




Uターンして戻ってきたものの全然走り足りないので、前回失敗したこのルートで走ることに。

大きな地図で見る






これ、ぶっちゃけ大型ロードはやめといた方がいいですね。
危なっかしいところは百井峠を越えて差しかかる花背峠。
ここはとんでもないRのコーナーに加えて、路面に傾斜がついているのでバイクにとっては鬼門です。ほぼUターンに近いコーナーなので極低速で進入せねばならない上に、路面にかなり角度がついているのがタチが悪い。油断していると本当に「グラッ」ときますよ。
よっぽど注意して走らないと、こけます。僕の場合は、ヤバい!と思って足をついてしまったコーナーがありました。装備重量120キロのセローだからセーフでしたが、200キロを超える大型の車体でこれやったらまずアウトです。支えきれません。
少なくともオススメはしません。走る際は十分に用心して走ってください。
写真は控えますが、見事に転倒したバイクが路肩に停めてありました。かわいそうに。。




花背峠を越えたら基本気持ちいい道路でした。
無事477から162の周山街道に出ましたが、なんとなく物足りなくて、小浜まで行っちゃうことに。
IMG_3702
途中美山ふれあい広場で休憩
この辺りからケツが痛くなり始めるww




IMG_3703
気をつけましょうね~ホント





小浜に向かう途中なんとなく気になったので
IMG_3707
ここだけ木が残っている




IMG_3704
寄ってみました。
若宮神社というらしい





IMG_3712
なんか境内もこれだけでホント地域の小さな神社って感じでしたね
でもこういうの嫌いじゃない




IMG_3713





IMG_3709
こういう景色、日本の宝だと思います




IMG_3711
残していきたいですね




で、ごえんでお造り定食食べて帰ってきました。
BlogPaint






IMG_3716
塩サバがついてくると個人的に「アタリ」。




帰り。もうほぼ自宅まで目前なのですが、もうお尻が痛くて痛くて苦行そのもの(^^;)
立ち乗りでごまかしたりしてましたが、とうとうたまらず途中で休憩です。
ゲルザブ付けてみたい気もするけど、、金がない。
もともとニンジャ買って金欠なので、もう我慢するしかありません。
まぁ、わりきるのも時には必要だと思います、と自分に言いきかせてみる。
IMG_3718





IMG_3719





セローで200キロ越えは欲張りすぎました。
さすがに223ccの単気筒は100キロ超えるとアラが出てくる。
気持ちよく自宅に戻ることを考えるなら、やっぱり100キロ位でルート組んだ方がよさそうですね。



しかし燃費計算したら驚異のリッター31.6キロを叩きだしました。もちろんレギュラーで。
ううむセロー恐るべし。かなりラフに開けてこれはすごい。
ニンジャもセローを見習ってほしいです。




走ったルート

大きな地図で見る

80キロ走るつもりが道を間違えて40キロのお散歩に

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
グーグルマップで100キロ以内でコースを組んで、セローでプチツーリング。
どうせセローなら、ということでバリバリの峠道でセッティング。
IMG_3682





IMG_3686
こんな道や




IMG_3688
こんな道を通って




IMG_3690
落ちたらこれは死ぬ・・・




途中まではよかったのですが、分岐を間違えてしまい、477から38に折れてしまいました。
で、鞍馬寺に到着(^^;)
IMG_3692





IMG_3693
フヒヒ、ガチオタでサーセン




IMG_3694





どうせなら入ってみようかなとも思ったのですが、往復1時間かかるとのことで、、。
あんまり気が乗らなかったのでそのまま帰ってきてしまいました。
鞍馬寺はまた次の機会に・・・
それにしても、道を間違えたせいで完全にお散歩になってしまいました(笑)




IMG_3695
完全に山の中です




IMG_3696
帰りにランチレストラン宝で日替わりの親子丼食べて帰ってきました

オフロードは楽しいなぁ♪

ブログネタ
オフロードバイク に参加中!
午後、セローで少しお散歩してきました。
ああ、楽しい!
この気負わずに走れる感じ。やっぱり大型も好きだけど、250も捨てきれない。




367から477に折れて、少し走ったところに少し面白そうな道があったので興味本位で入ってみました。
すみません、場所を乗せようと思ったのですが、Googleマップには出てきません。。
入ってみたら期待通りすげー道だったwww
ひゃっほ~!!
IMG_3625





IMG_3627





IMG_3628




ぐちゃぐちゃの路面、激しい段差、ごろごろ落ちた石、あるいは岩。
ロード、ましてや大型じゃ絶対にいけない道をこいつは平気で走りぬけていきます。
このさりげなさが、すごい!
オフロードに入ったら実感したのですが、セローは純正サスの動きが本当にすばらしい。うまくショックを逃がしてくれてるんだなー、なんて感心しながら乗っていました。





滑りながらもきちんとグリッピングしてるという、この独特なフィーリング。
これはオンにはない楽しさですね。デカルチャー!(興奮)
IMG_3629





IMG_3635





IMG_3633




もう夕方だったので今回は途中で引き返すことに。
後日この道がどこに抜けるのか調べてみたいと思います。




帰り、こんな坂があったのですが
IMG_3676
これは下から見た図




傾斜40度位ですかねぇ。行けそうだったので降りてみました。
恐る恐るでしたが(笑)
で、記念撮影~
IMG_3674





IMG_3656
こんな芸当ができるのはセローだけ




IMG_3661
キング・オブ・オフロード!セロー




IMG_3652
自然に溶け込むセロー





IMG_3666





IMG_3670
夕暮れのひととき・・・




で、まぁいいテンションで写真バチバチ撮って、しばらくボーっと川の音聞いてたら段々暗くなってきたので帰ろうかってことで。
写真ではあまりうまく伝えられないのですが、案外凹凸が激しく、すぐ前方はすぐ川です。で、案外深い。
後ろは直前に微妙にスタックしたため大きな穴が空いておりバックするわけにはいかないため、奥の川べりへ進んだ後Uターンして帰ろうということにしたんですよ。
そしたら・・・
IMG_3678




見事にスタック(笑)
あれれ、ちょっとヤバいかも、、、?なんて思った時にはもう既にダダハマり。
いやー焦りました。
思いっきりフロントサス沈みこませてフロントアップして少し向きを変えようとしてみたり、後ろの土砂を掻きだしてなんとかバックさせようと試みたり、もー10分位だと思うけど1時間くらい格闘してた希ガス。
電波は圏外だし、景色は刻一刻と暗くなる。
とにかくやるっきゃない(;´Д`)
もう必死だったんでどう脱出したかあんまり覚えてませんが、なんとか向きを右に少し変えた後、半クラッチキープ、降りて一気に繋いで押す!押す!押すーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
で抜けた気がする。
IMG_3679
パリダカぢゃあるまいし・・・




抜けた後はドッと疲れが出て、もう帰り6速40キロ位でだら~っと帰ってきました。意識も多少朦朧としてた。




ちょっとチョーシこきました。もうあそこはいかない!(爆)
でも、楽しかった。
ゆっくりしていってね!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
WWW を検索
このブログ内を検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ